施術を受けてすぐ変わる|美容外科の最新治療で仰天チェンジ

Health and Beauty

広い年齢層

美容整形が抵抗感なく受け入れられるようになってきました

美容整形が盛んになったのは戦後からですが、当時は美容整形という診療科目はありませんでした。それでも整形手術自体は行われており、目を二重にする手術や鼻を高くする手術などが行われていました。美容整形は美容外科として1978年に正式な診療科目になりました。これにより従来は形成外科で行われていた処置も、美容面で傷跡が残らないようにする処置を受けることができるようになり、患者の心理的な悩みも解消できるようになりました。1990年代にプチ整形という言葉とともに日帰りの二重の整形手術などが一般的になり、美容整形に対する抵抗感は薄れてきました。プチ整形以外にも、ヒアルロン酸注射やボトックス注射、永久脱毛などの施術を受ける人が多くなり、美容外科が一般に抵抗感なくみとめられるようになりました。

利用者の年齢層が広範囲になっています

美容整形は、コンプレックスに悩む人に、コンプレックスを解消することで希望を与えてきました。現在でも一重の人が二重にするなどの手術は数が多くなっています。また目を二重にしたり鼻を高くしたりする整形のほかに、現在ではアンチエイジングのための施術の人気が高くなっています。手術ではなく手軽な注射でエイジングに対抗するため、人気が高く、今後もアンチエイジングの分野での美容外科の利用は多くなっていくと見込まれます。美容外科では永久脱毛も行っていますが、子供が毛深くて苛められるということで小学生から中学生が親に同伴され脱毛の施術を受ける例が増えています。美容整形は美容外科と名を変えることで、高年齢のアンチエイジングのための利用が増え、低年齢の脱毛や二重の手術などの利用が増えるなど、高年齢から低年齢まで利用者の年齢が両方向に大きく広がり続けていくと思われます。